英雄すぎる!インド人宗教無視し自分のターバンで溺れた人を救出!

01

インド人のターバンはなかなか魅力的ですよね、一体中身はどうなっているのか非常に気になるところではありますが、あれを解くと一枚の布になるということです。てっきりヘルメットのように被るようにするだけにしているのかとおもいきやそういうわけでもなく、それでいて守備力がそこそこ高いので非常に有能です。ということで今回そんなターバンを命綱にして人を助けたそうです。


2932

インド人で敬虔なる「シク教」のシンさんは、川で溺れている若者を発見した。これはまずいと思い、すぐさま自分のターバンをはずしそれを命綱にして若者を助けたのだという。さすが、ターバンは有能過ぎる!そういう使い方もあるのか、と感心させられますが、実はこの行動更にとんでもないことをしていることが明らかに。

そもそもターバンは、シク教の教えでは「風呂以外では脱いではいけない」という規律があります。従いまして今回は風呂ではないので厳密に言えば戒律違反ということになってしまいます。

それでも彼は若者の命を助けた、これは一般的に考え宗教を超えた素晴らしい行動であると感じますが、戒律違反。どうなるのか・・・

安心してください、彼はインドでも英雄扱いされてテレビでもネットでも大絶賛されているようです。
そもそも最近は若者のターバン離れが加速し、簡易的な帽子で済ませるそうです。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3254377/Sikh-man-breaks-protocol-using-turban-save-drowning-youths.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

5 COMMENTS

秒刊名無し

溺れてた人にまで非難されるとかじゃなくてよかった

秒刊名無しさんでー

人助けしたのなら、神様は許してくれるでしょう。

秒刊名無しさんでー

こういう柔軟に生きていける人が増えたら、戦争おこらないのに

秒刊名無しさんでー

若者のターバン離れでなんかワロタ
良い人はちゃんとどこの国でも評価されて欲しいしそうならない国がなくなるといいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。