マトリックスかよ!無限の空間が続く「ミラールーム」が精神崩壊しそう

04

この世に無限のものはなく、いつかは壊れてしまいます。いや例えば円周率は現在割り切れていないので理論上無限に続くのかもしれませんが、円周率そのもの自体人間が生み出しているものなので、人間がそれを定義しなくなれば(人類が絶滅すれば)円周率という定義をするものが居なくなり、円周率は終了するのかもしれません。とまあ哲学的な話はさておきコチラの部屋、注目です。


02

こちらはルーカスサマラスというアーティストによる「ミラールーム」である。この部屋にはいると永遠につづく部屋が出現。よく鏡と鏡を合わせると永遠に続く空間ができたようになるが、それをさらに人が入れるように360度鏡張りにしたものがこの部屋の特徴で、部屋ということもあり家具がおいてある。

ただし家具はすべて「透明」という狂気じみた設定で、つまり何もない空間に人間が立たされるという恐怖のゾーン。この中に入ればおそらく気が狂ってしまいそうになり、出口がわからなくなるとんでもないヤバイ部屋だ。

03

一応出口はまるで囲んだ箇所だが、それが正常に判断できるかどうかはわかりませんね。
夢でもこんな部屋に入りたくないですね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3261813/Can-spot-photographer-mind-boggling-mirrored-art-installation-baffling-viewers-50-years-made.html

(秒刊ライター:たまちゃん) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。