木星衛星ヤバイ!急げエウロパに隕石衝突で海が吹き出してるかもしれない事が判明!


09

火星に水が流れているのかもしれないというニュースで一時期大きな話題となりましたが、火星の他にもこの衛生にも水が流れている、もしくは巨大な海があるのかもしれないと期待されております。それは木星衛星である「エウロパ」です。もしこれが事実であれば、この海には大量の生物がいるのかもしれないのです。



09

木星衛星「エウロパ」は地下に広大な海があると考えられております。が、その前に立ちはだかる地層というか蓋のような層があまりに深く、それをどうやって掘削するのか課題でした。ところが最近、隕石の衝突によりその層が砕かれ開いている状態である可能性が高まりました。

およそ5キロぐらいのクレーターが出来ており、そこから水が噴き出している可能性があるのです。エウロパの氷の層は8~13キロぐらいあると推定されており、とても人力で掘るのは難しいのですが、この隕石が途中まで、もしくは下の層まで掘り起こしてくれているのであれば、今すぐ調査すべきです。

そこから大量の水、もしくは生物が噴水状態となっている壮大なチャンスなのです。


09

とはいえ現時点でその場に行くというミッションはないので、調べることは難しいでしょうけど、科学者はこの隕石の衝突こそが、生命の起源だと信じております。

もしこれが実証されれば地球の生命はエウロパ同様、他の星の隕石にひっついた有機物が飛んできて進化した結果なのかもしれませんね。

我々はてっきり地球生まれだと思っていたのに遠くの星の有機物だったとは。ってことになるのかな。

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3273914/Life-Europa-sparked-COMETS-Rocks-carrying-biological-material-penetrated-moon-s-crust-reach-oceans-beneath.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。