無茶しやがって!毎日唐辛子を2.5キロ食べ続ける習近平似の男が話題に

Li-Yongzhi

習近平さんではありませんが、そっくりでびっくりです。もっとビックリなのはこの男の特技。人間には色々特技があり、とくに大食いは世界中で取り入れられているメジャー特技ではございますが、辛いものを食べまくるという特技はなかなかないものですね。ということで彼の「辛いものを食べる」特技をご覧下さい。


Li-Yongzhi (1)

なんと毎日唐辛子を2.5キロ食べるという「李」さん。そんな彼についたアダ名は「チリキング」。唐辛子中毒になり、毎日子の遼を食べるということで地元ではヒーローなのだとか。ヒーロー?何を救うのかということにはなりますが、まあメディアに登場し、地元の地域経済活性化に繋がるという意味合いではヒーローなのかもしれませんね。

ちなみに、家では異なる8種類の唐辛子を栽培しているとのこと。
気になる体の体調ですが病院にいっても至って普通とのこと。

普通では無いからこそ唐辛子を食べたくなる禁断症状がでている気もしますが・・・それより

Li-Yongzhi (3)

習近平氏に似ていませんかね。

Li-Yongzhi

掲載元
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/man-eats-25kg-chili-peppers-6664533

(秒刊ライター:たまちゃん) 

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

キンペーと云うよりノムヒョンに似ている気が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。