ボタンしか無い!世界初の「パソコン」600万円近い値がつく可能性!

01

こちら世界初のパーソナルコンピュータと言われている「KENBAK-1」だそうです。実はなかなかこのモデルの文献がなく、Wikipediaにも掲載されていないほどのものなのでかなりマニアックで、マイナーなパソコンだったようですが、これがオークションにかけられるとのこと。予想では550万円ほどになるそうだ。


世界初のPCは「Altair 8800」だ「Apple1」だ・・・などと様々な議論が繰り広げられておりますが、どれが最初かはさておき、アメリカのコンピュータ歴史博物館で世界最初のPCとして紹介されているのがKenbak-1。1971年に登場。40代しか製造されていない超レアなPCなのだ
12

ディスプレイ、キーボードはなく、どちらかと言うとメモリにデータを書き込む装置といったほうが分かりやすいのかもしれません。

唯一有るのはLEDランプでその点滅により、正常に信号が言っているのかどうかを確認する。本当にメリットがあるのかよくわからないマシンですが、こうした初期のマシンがあるからこそ、今こうやってネットができるわけです。

で、これが競売にかけられるとのことです。世界に現存10台なので相当高い値段がつくそうですが、550万ぐらいじゃないかと予想されているようです。

世界に10台しかないものであれば、もっといきそうですけどね。
秋葉原のパーツショップでは10円ぐらいでしょうけど。(失礼)
15

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3284367/World-s-personal-computer-goes-auction-Working-485-Kenbak-1-six-years-older-Apple-s-1-fetch-300-000.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。