【全米が涙】殺処分前の「抱き合うワンちゃん」がSNSで拡散し奇跡的に救われる

Kala-and-Keira

みなさまはFacebookなどはSNSでこのワンちゃんの写真をご覧いただいたことはああるだろうか。説明によりますと、こちらのワンちゃんたちは保健所に連れて行かれ、あとは殺処分を松の実だということです。お互い抱き合い怯えるワンちゃんの姿に世界中が涙をし、救いたいという要望が殺到したそうです。



Kala-and-Keira

SNSがあって初めて良かったと思えますが、Facebookで皆様が涙をしてシェアしたということは少なくともこの犬を救いたいという要望が多数あるということだ。

名前はカラとケイラ。まるで死刑を待っているかのごとく怯えていた。

この抱きあう衝撃的な写真は今年の7月にSNSで拡散。15,000位上のシェアがされその結果、この2匹は救われ新たな飼い主の元へ引きとも引き取られたという。しかも今後2匹とも幸せに暮らすことができると約束。

Kala-and-Keira (1)

でもこの2匹は本当に幸運だったのかもしれません。
現在もなお、殺処分を待っているワンちゃんたちがいっぱいいることを考えると、なんとも言えない気分ですね。

掲載元 
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/death-row-dogs-pictured-hugging-6727106
 (秒刊ライター:たまちゃん)