【頭いい】給料の90%を貯蓄に回したグーグル社員「頭良すぎ」と話題に

gettyimages-486234020
将来のために節約は必要。でも何を削って、何を我慢するかは人それぞれ。家賃が高いことで有名なサンフランシスコベイエリアの世界最大IT企業、グーグルに勤める23歳の新入社員ブランドン君が実際に行った脅威の節約術、それは家賃を節約すること。彼はグーグルの駐車場にトラックを止め、そこに寝泊まりすることで、給料の90%を貯蓄に回したという。その節約術がこちら。


jpg
ブランドン君は始めからトラックに住んでいたわけではない。グーグルでインターンとして働き始めた頃は会社が紹介してくれた安いアパートに月約2000ドル(日本円で約22万円)で暮らしていたが、インターンが終わって本格的にグーグルで働くことが決まると、すぐに彼は、どうにか家賃が節約できないかと考えた。

というのも、ほとんど家に帰らず仕事をしているのに、こんな高額な家賃を払うなんて馬鹿らしく思えたのだ。そこで考え付いたのが、中古のトラックを買ってそこに住むこと。グーグルの駐車場はもちろんタダ。ブランドン君が毎月払わなくてはいけないのは、トラックの保険代121ドル(日本円で約1万3千円)。これが彼の家賃としての出費となった。
 
しかし、それだけでは給料の90%もの貯金はできない。彼の節約術は家賃以外にもいろいろあった。会社の施設が充実していることでも有名なグーグル。ブランドン君は朝、昼、晩の食事をグーグルの社員食堂でとり、毎朝会社付属のスポーツジムでシャワーを浴びた。これ、すべて無料。
 
貯蓄したお金の使い道は、最初に投資したトラックの代金と、実はほとんどが学生ローンの返済で消えた。アメリカの大学は年々学費が値上がりしており、ローンを組まないと卒業できない。また、そのローンの支払いに苦労する社会人が多い。ブランドン君もその1人だった。
 
もちろん、素敵なレストランで食事をしたり、サンフランシスコの町を楽しんだりするためにも使っている。学生ローンの支払いが終わればすべてのお金を将来のための資金にできるのだ。
現在ブランドン君はトラックの中をさらに快適に住めるように、ベッド枠を修理したり、箪笥を設置したり、いろいろと改良を加えている。トラックに住み始めてから数ヶ月。いつまでこの生活を続けるか、引っ越しの予定はたっていない。

―海外の反応

・郵便物はどうしてるんだろう?
・すごい!頭いい!
・問題はないって言うけど、この家には女の子は来たくないと思う。
・俺は実家暮らしだから、お金も貯められてしかもトラックより快適だよ。
・もしも寝るためだけに家に帰るっていうなら、僕も同じことをするかも。でもテレビとパソコンは必要だな。
・はぁ、グーグルで働けたらいいのにって思うよ。
・独身だからできることだね。
・金持ちホームレスの時代がやってきたね。
・なんでトラックじゃなくて、キャンピングカーにしなかったのかすごく疑問。
・暖房とか冷房とかはどうしているんだろう?
・同僚が彼の生活をみてどう思うか知りたいな。
・もしも私がこの生活をしたら、たぶんうつ病になると思う。
・窓のないトラックよりはテントの方がマシ。
・実はグーグルにはこういう人は多いって聞いた。みんなアパートを借りずに車で寝泊まりしてるって。
・1年を通して温暖なサンフランシスコベイエリアのだからできるけど、アメリカ全土の95%の場所では不可能な生活だよ。
・イケアの箪笥ってところが節約に徹底さを感じていいね。
・すごくいいアイディアだと思う。僕も仕事でほとんど家にいないから家賃がもったいないと思うことがよくあるよ。でも、グーグルみたいな食堂や無料のジムがないから、無理だけどね。

掲載元
https://www.reddit.com/r/personalfinance/comments/3pjzol/google_employee_lives_in_truck_in_companys/

(ライター:南ロココ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。