【怖すぎ】フィンランドの魚雷フクロウが「殺意に目覚めている」と話題に


fuku2



日本においてフクロウといえばどちらかと落ち着いて、なんとも健気な姿を見せる愛嬌ある生き物として、マスコットとしても利用されることも多いわけですが、こちらのフィンランドのフクロウは、野生ということもあり、どうやら日本とわけが違うようだ。やはり野生のものはその日を生きるのに精一杯ということもあり雰囲気が格段に違う。



fukurou

コチラはフィンランドのコッコラという都市にいるフクロウは、あまりに恐ろしい風貌で、まるで魚雷のようだと地元でも話題だ。日本のようにバサバサ飛ぶというよりも、一直線に突き進む不気味な形態をとっている。

またお気づきであろうか、フクロウは夜行性でありながら彼らは日中このように活動しているというフクロウらしからぬ習性。


3r2

とまあ、かっこいいのはわかりますが、やはりフクロウは、ぼーっとした愛嬌ある性格のほうがいいですよねえ。

自然界では生きていけないでしょうけど、

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3299511/Owl-s-not-flap-Wide-eyed-bird-s-wings-clamped-stealth-hunting-mission-Finnish-countryside.html

(秒刊ライター:たまちゃん) 

4 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

ミネルヴァ思い出す

秒刊名無しさんでー巳蛙

先カンブリア紀の嫌気性軟体動物オパビニアの霊奨?
浮動の利権を食い物にする栗殻竜王権現いでぬ

秒刊名無し

> 日本のようにバサバサ飛ぶというよりも
フクロウの羽ばたき音は無音に近い静かさ。
そのように進化した特別な羽根を持ってるんだけど?

秒刊名無しさんでー巳蛙

木菟‥
ぎょらい応用は、目玉が超音波ソナーのARMプロセッサ/UK?
鳥類最速燕も、しょっちゅう羽根閉じて滑空のような

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。