【アニメかよ】火星を探索するヒューマノイドロボットがかっこ良すぎと話題に

01

火星に人が足を踏み入れるまであと30年ぐらいはかかるでしょうか。しかし、探索機などのロボットはすでに到達しているので技術的には全く問題ないはずです。ただ人間の体力やスペックがまだまだ宇宙に適応できないので、しばらくはスーツやロボットに頼らざるをえないでしょう。ということでこちらのロボが登場。


02

こちらは「ノースイースタン大学」で研究されている「スーパーヒーローロボット」である。

現在はまだプロトタイプの火星探索ロボットである。残念ながら中に人は入ることは出来ないが、アイボやペッパーのような完全な人型ロボットなのである。体長は1.8メートルで、重さは124キロもあるというとんでもない代物。

主に火星などの探索に使われ、人工知能を備えているという。腕などのアームは人間と同じように動作するので、人間のような細かい作業が可能となる。

01

注目すべきはエンブレム。なんと光るという!そのためだけにわざわざ1時間しか持たないバッテリーパックから電力を供給しているという、無駄遣いぶりも(失礼)なかなか評価すべきポイント。

アイアンマンをモチーフとしているようだ。
ああ、将来的には火星はロボットだらけの楽園になるのかもしれませんね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3322801/Will-humanoid-Mars-Nasa-gives-superhero-robots-universities-train-deep-space-missions.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。