【酷すぎ】アマゾン炎上中「現代用語の基礎知識2016」に批判殺到!「偏向姿勢」

wf

さて今年も残すところあと数日となりました。年を越すしたくが着々と進む中、来年の準備が整いつつあります。今年の流行語も出揃った今日このごろ、来年は2016年。つまりオリンピックイヤーそしてその都市を支える新たな用語を知っておきたい。ということで「現代用語の基礎知識」がリリース。しかし案の定物議です。 


ー現代用語の基礎知識とは

現代用語の基礎知識とは現代を象徴するキーワードを独自の視点で解説するいわゆる辞典である。たとえば最近で言えば「マイナンバー・南シナ海領有権問題・ギリシャ債務危機・爆買い・インバウンド」などなど。知っているものもあれば知らないものもあるので割と広く浅くさらりと知ることができる。

がしかし、編集者が以下となっている。

 横田洋三/杉下恒夫/北野大/松崎敏弥/西尾 隆/李鍾元/浅田正彦/国分良成/久保文明/松原 聡/井堀利宏/森永卓郎/清家 篤/嶋村和恵/福井健策/飯田哲也/山形俊男/水谷 仁/橋本和仁/赤池 学/水島広子/早乙女智子/石井研士/高山憲之/今野晴貴/樋口恵子/小川仁志/柏木 博/五十嵐太郎/吉村和真/生島 淳/もり・ひろし/小林照子/ほか

つまりどうしてもライターによって偏りがちになってしまうのが玉に瑕。案の定、アマゾンレビューでは「偏り過ぎだ」と一部の層からの評価が得られている。

ということでもし購入予定の方は参考にしてみてはいかがだろうか。


―ネットの反応

・ 編集者の思想的傾向が、ライターの選択にみごとに表れていますね。
・ ますます酷くなってると言っても過言ではない。
・ 極左活動家が語ったものを現代用語として取り上げる・・・異常すぎます。
・ 昨年も酷かったが今年のはさらに醜い。
・ 読者は自分で考える道具として、このような本を求めているのではないか?
・ ここまで見事に左に偏った執筆陣。
・ お疲れ様。
・ さすがの良書なのは間違いないですよ。
・ ちなみに私は、要らない。
・ 内容を正しく伝えるには「現代左翼用語の基礎知識」とすべき。
・ ユーキャンの流行語大賞で気になり書店で拝見しましたが、ものすごい左翼っぷりで爆笑してしまいました。
・ 例年,購入し続けていたけれど,今年から買うのをやめることにしました。
・ 買う価値無し。
・ レビューでだいたいわかりますねwwww
・ 満足のいく買い物でした。

(秒刊ライター:Take)