【嘘だろ!】昔の携帯の画面サイズを現在のスマホに置き換えるとヤバいと話題に


smp



昔に比べ、携帯電話の画面サイズはずいぶん大きくなりましたね。ざっくり言えばどれぐらいでしょうかね。うーん4倍ぐらいかな。画面を4つぐらいの大きさにしたぐらいだと思うし・・・ということを考えるかもしれませんが、それどころではありません。ななんと500倍の解像度になっているのです!



15



1998年代の携帯電話です。この頃の画面サイズは「84*48」で4032dpiという解像度でした。つまり画面のドット数が4032あったわけです。それでも多いなあと感じますが、そもそも500倍だとすると、携帯電話そのもののサイズを超え、一気に人間をも超える巨大なスマホになってんじゃないの?と思うのかもしれません。

がしかしそうではありません。

現代のスマホがコチラ


smp

画素数は「1080 * 1920」で2,073,600dpiです。なんと携帯電話のサイズが大きくなったのではなく、厳密には画面の画素が細かくなったといったほうが良いでしょう。特にiPhoneのレティナディスプレイではかなり高精度になりまして、それを踏まえると514倍になっているわけです。

それほどまでの大きさを抱えるスマホでも充電が最近では1日たっぷり持つというのは素晴らしいですね。

10年後はどれほどまでの高解像度担っているのでしょう。きっと8Kは余裕であるでしょうね。

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3339629/Look-far-ve-come-Graphic-shows-phone-screens-evolved-reveals-iPhone-6S-Plus-display-514-TIMES-better-Nokia-5110-s.html

(秒刊ライター:たまちゃん)