【マジか!】あの高級ジュースに含まれる糖質の量を角砂糖で表してみた結果!ヤバかった!

DSC_0750

美味しくて高級なジュースと言ったら、キッコーマンのデルモンテジュースです。とろけるような甘みと香りが特徴で、飲むとても幸せになれるジュースです。そのまま飲んで美味しいことはもちろんですが、炭酸やアルコールで割ってカクテルにして飲むのもいいですよね。さてこちらのジュースですが、含まれている糖質の量を角砂糖で視覚化していきたいと思います。

今回手に入れたデルモンテジュースは、バナナ、マンゴー、ピーチです。
どれもとろけるような甘みでとりこになってしまう味ですが、糖質の量を角砂糖で視覚化していきます。
まずはバナナです。糖質の量は100mlあたり11.2gです。内容量は750mlなので、7.5倍します。
DSC_0759

11.2g×7.5=84g
これを1個3.7gの角砂糖で表します。
84g÷3.7g=22.7個
角砂糖約22.7個分の糖質が入っていることがわかりました。
DSC_0754

次にマンゴーです。糖質の量は100mlあたり115.0gです。内容量は750mlなので、7.5倍します。
DSC_0763

15.0g×7.5=112.5g
これを1個3.7gの角砂糖で表します。
112.5g÷3.7g=30.4個
角砂糖約30.4個分の糖質が入っていることがわかりました。
DSC_0753

最後にピーチです。なぜか表示方法が違っており、ピーチだけは炭水化物表示になっていました。
炭水化物を糖質とみなして同じように計算していきます。

参考記事
../archives/4955288.html#more

炭水化物の量は100mlあたり12.3gです。内容量は750mlなので、7.5倍します。
DSC_0760

12.3g×7.5=92.2g
これを1個3.7gの角砂糖で表します。
92.2g÷3.7g=24.9個
角砂糖約30個分の炭水化物が入っていることがわかりました。
DSC_0755

一番糖質が少ないバナナジュースを100ml飲んでみました。
角砂糖約3個分の糖質を飲んでしまいましたが、この美味しさはリピ決定です。
DSC_0757

(秒刊ライター:マギー)