【これは酷い】養鶏所の「鶏」があまりに劣悪な環境で飼育されていると話題に

01

我々の生活に欠かせない「たまご」ですが、もちろんこれは「モノ」ではなく「いきもの」から生み出されますので、人間が生み出すことはできません。ということで養鶏所などでたまごをひたすら生み出すだけの生活を送っている彼らですが、内部ではいったいどういうことになぅているのか。実はかなり劣悪な環境だったようです。


03

こちらは300万個を生産するとあるベッドフォードシャー州にある農場。動物福祉グループがこの農場を調査したところとんでもないことになっていたようだ。なんとあまりに狭すぎるゲージ内で鳥たちがお互いの羽をつつきあい、中には肌と骨だけになっている鳥もいる。本当に見ていられない状況だ。こんなことでおいしい卵を産むなんてことはできるのだろうか。

02

45万羽の鳥が飼育されているようですが、あまりに狭いのでお互いをつつきあうのだということです。まさに劣悪環境ということで政府の動植物衛生庁に本件を報告しているという。

もちろん、だとしても何かが改善されるという見込みは少ない。

01

私たちはこの状況をみて、どう感じればよいのか。なにを行えばいいのか。

もう一度自分自身に問いただしたいものだ。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3508503/Shocking-pictures-distressed-dying-chickens-kept-horrific-conditions-called-enriched-cages-worse-battery-farms.html

(秒刊ライター:たまちゃん)
 

1 COMMENT

秒刊名無しさんでー

cageは日本語でゲージって言うんだね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。