【朗報】コーヒーを飲むと前立腺がんのリスクが低下することが明らかに

01

コーヒーはなかなかうるさいわけですが、あまり濃すぎてもいけない、そして薄すぎてもいけない。しいて言うのであればスターバックスは濃すぎる、そしてマクドナルドは薄すぎる。絶妙なバランスを保ったコーヒーというのはなかなかこの世には存在しないわけですが、いつしか自前でその調整をしてみたいものですね。さて今回は朗報なのです。


02

さて今回は、コーヒー愛飲家にとって朗報です。なんとコーヒーを飲む人と飲まない人を比べたところなんと、24%も、飲まない人に比べ「前立腺がん」のリスクが低いことが明らかになったということです。これはコーヒーに含まれる癌細胞の増殖を抑制するとされている「カフェストール」及び「カーウェオール」などの抗酸化および抗炎症作用を促進することで、このような結果になったのではないかといわれております。

ちなみに皮膚中のカロテノイドのレベルを測定すると「果物」や「野菜」に高い濃度の成分が含まれていることが明らかになっておりますが、野菜嫌いはコーヒーを飲めばいいということです

前立腺がんは、男性の50代以上に多いとされているがんです。気を付けたいところですが、予防法として「これだ」ってものがない以上試しようがないですね。

でもコーヒーなら喜んで飲みまくります
胃が荒れて胃炎になるかもしれませんが。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/health/article-3512807/Coffee-linked-lower-risk-prostate-cancer-Two-cups-reduce-likelihood-developing-disease-2-5-cent.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。