【悲報】解散!ダイアモンドで出来た星、残念ながら「灼熱のオール溶岩星」と判明!

32r

2012年に地球のわずか40光年先にとんでもない星があると話題になりました。それはすべてがダイアモンドになっているという星です。しかも地球の2倍ということでもしここに行くことができればダイアモンド取り放題で大金持ちになるのはいいが、とんでもないデフレになりダイアモンドは石ころぐらいの価値になるでしょう。


wqqw

この星は地球から40光年先の惑星「かに座55e」。半径は地球の2倍、質量は8倍という「スーパーアース」。驚くべきことは凄いスピードで公転しているということで、たった18時間で主星を公転してしまう。つまり1年が18時間というとんでもないスピードであるのだ。まあそれだけ太陽に近いということで、人が住める環境ではない。

表面温度は2000度近くとなっており、ダイアモンドどころか、近づくのも難しい。さらに今回判明したのは、実はダイアモンドではなく「灼熱の溶岩」の星であることが明らかになりました。

スターウォーズでいえばエピソードIIIで、オビワンケノービと、アナキンスカイウォーカーが対戦したようなあの溶岩地獄です。

qwfq

まあ、2000度なので、あそこより更に熱いでしょうけど。
なあにセラミックなら一瞬で解けるレベルだそうです。

残念ではありますが、われわれが「かに座55e」に生まれなくてよかったなと、思いたいですね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3514284/The-real-life-Mustafar-Star-Wars-style-planet-covered-LAVA-orbits-close-star-year-lasts-just-18-hours.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。