【かっこ良すぎ】だが断る!タニタ、ツイッター社の「認証バッジ」拒否したことが話題に

27

認証バッジといえば、公式アカウントの憧れ的なステータスになっておりますが、これがもしつけられるとすればたいしたものです。一応大手企業や芸能人、また政界なひとたちには職業柄つけられることが多いのですが、その他特別なパターンとして措置がとられることもある。さて、こちらの企業はまだつけられていないようですが・・・。

タニタの認証バッジ問題は以前から話題となっており、SHARPがこの件に関しタニタに励ましツイートを送るなどというちょっとシュールな展開も話題となっていた。ちなみに認証バッジは「ツイート数」「フォロアー数」とは関係なく、あくまで「本人」を示すものである。したがって理論上、フォロアー数・ツイート数ゼロである有名人出会った場合でもつけられることがある。

それを踏まえて、運営5年目となるタニタの認証バッジはつけられていない。


これに嫉妬したタニタはTwitter社に連絡をとったところ・・・
なんと!Twitter社が来社!

がしかし・・・

断ったそうです。


SHARPの祈りも虚しく、どうやらタニタは自分で認証バッジをつけるのを拒否するというなんともツンデレな道を選び話題を読んでおります。

さて今後この認証バッジ問題どうなっていくのか。

(秒刊ライター:Take)

1 COMMENT

秒刊名無し

広報をオタクがやってるんだろうなこのノリは。
いい加減にして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。