【高級過ぎ】中国の「超高級便所」があまりにクオリティ高いと話題に

png

日本では刈谷サービスエリアとして話題の「刈谷ハイウェイオアシス」という人気スポットがあり、1億円のトイレがあるとメディアでも取り沙汰されておりましたが、こちらのトイレもなかなか凄いものです。もしかしたら刈谷を超えるのかもしれませんが、このようなトイレがアレば一度は利用したい。中国だけど。


png

こちらが広州ラパールにある超豪華ショッピングセンターのトイレ。芸術的な壁画に赤を基調としたきらびやかな装飾。さらに驚くべきはそれぞれ個室となっており一人のプライベートスペースを満喫できるという心底リフレッシュできる空間に仕上がっている。これならば、先に客が入っていて隣に立つのが嫌だなと思うこともなく、パーソナルスペースを十分確保できる。

png

誰でも使えるというわけではなくもちろんVIP専用なので、一般庶民が店に入って用を足すなんてことをできるわけではなさそうだ。これは日本における高級ラウンジのVIP専用スペースと同じ概念だ。そうは言ってもまさかショッピングセンターに専用スペースを作ってしまうとは驚きだ。

13750905238233343

海外ではこのトイレを見て「トイレを汚す庶民と明らかな分離ができて良い」「驚いた格付けされていて良い」「中国は不平等だ!」と賛否両論だ。また天津伊勢丹にも会員専用VIPトイレがあるという。

日本とは違い共産主義国家である中国ですがやはりこのような格差はあるようだ。
中国に行く用事がある方は是非VIPトイレをご覧いただいてみてはどうだろうか。

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。