【怖すぎ!】大学の「角帽」ヤバい!投げると衝撃的な殺傷兵器になると話題に

角帽1

大学と言えば最近ではあまり見かけませんが、大学生がかぶる「角帽」が一般的ではありましたが、あの角帽実はとんでもない兵器になる可能性があるといいます。たしかに「角」なので尖って危ないわけですが、それを投げて人に当てると結構ヤバい状態になるかもしれません。こちらはそんな実験です。 


角帽

大学の卒業式などのイベントで角帽を上空に投げるシーン。感動的だ、しかしその感動的なシーンが一気に殺戮(りく)の宴となり、悲劇的なシーンとなりうることが判明しております。こちらの実験では角帽を上空に投げスイカに充てる実験をしております。実は角帽はモノにもよるのですが角ばった帽子の骨が意外にも鋭利な構造をしており、スイカのような硬い果物でも、まるで刃物を突き刺したように深い傷を負わせることができるようだ。

写真でもスイカに突き刺さった角帽がその殺傷能力の高さを物語っている。もしこれが人間の頭や体だとしたらとんでもない悲劇を生むに違いない。

実を言うと実際に角帽を投げるという行為が禁止されている大学もあるという。もちろんこの角帽が他人に当たりけがをするという理由からだが、実際にけがを負ってでも学生最後の素晴らしい儀式を行いたいという方もいるようだ。

大学生のあこがれでもある角帽。意外な危険性をはらんでいながらも、過去から現在へ脈々と受け継がれている理由にはやはり伝統を重んじる学校側と生徒の強い要望があるからだ。危険を排除するのではなく、『共存する』という選択肢は「ゲームは危険だ」「インターネットは危険だ」と論ずる前に学ぶべき事象ではなかろうか。