【なにこれ】筑波大教授が作った「プラレール幾何学模様」が凄すぎると話題に


04



プラレールというものは、子供のおもちゃでありながら、実は無限の可能性を秘めた大人の遊び道具でもあったりします。実際に大人向けに開発されております「プラレールアドバンス」なるものは、大人でも喜ぶリアリティあふれたNゲージ風電車という設計になっております。そしてこちらはまた新たな遊びのようです。

こちらは筑波大教授が作った幾何学模様で、あのプラレールで出来ているのだという。幾何学模様は実際に事前に設計しておりまして、それをプラレールで組み立ててみたということです。この模様の他にも様々なパターンがあるようで見ているだけで面白く、かつ頭の良さを感じます。

こちらは設計図で、どれぐらいのレールが必要なのかも明記してあります。さすがだなと感じますが、これはレールだけのアートであり、実際には知らせるのは難しそうだ。

ということで、今度は実際に走るものが登場するといいですね。

ーネットの反応

・ 帯留めにしたいかも。

・ 8と5で互いに素ですね

・ 走れない…

・ 凄すぎる

・ さすが教授だな。

・ 素晴らしいです! これは走られられるぐらい高低差はつけられるんでしょうか?

・ マビノギっぽい

・ 実際にはしれないのかな

・ パラモデルというアートユニットを思いました。

・ なんか、資生堂のマークぽいです。

・ なんか凄い

・ 一瞬、フラーレン の分子模型かと錯覚しました! 

・ 美しい!

・ 初めて見たわ

・ 凄いけど立体的にしようとすると倍のスペースがいるかな

(秒刊ライター:Take)