超絶な昔ながらの中華そばが食える「ちよがみ」に行ってきた!

執筆者:yukawanet

Photo 7-10-16, 5 08 33 PM

最近は「こってり」「濃厚」なラーメンが主流となっており、なんだか酒を飲んだあとは必ず締めのラーメンなんてことが当たり前となってきてしまいましたね。しかしこんな時代だからこそ、昔ながらの味わい深い「中華そば」を食べたくもなるものです。ということで今回はそんな中華そばマニアな方に朗報です。


Photo 7-10-16, 5 04 21 PM

今回は、東京ラーメンストリート東京駅一番街にある「ちよがみ」さん。六厘舎などがあるラーメン激戦区。ほぼこってりとんこつラーメンが多い中、こちらは正統派な中華そばというスタイル。ある意味際立っているように思える。

実は、名店『斑鳩』の坂井氏が手掛ける初のセカンドブランド。食材の魅力を極限まで引き出したスープと、すすり心地の良い麺は、親しみがありながら上質で現代的な中華そばだという。

Photo 7-10-16, 5 04 18 PM

ラーメンは食券を買って店内にはいるスタイル。今回は中華そば(醤油)770円を選択。
店内はこじんまり。席に案内され5分程度でラーメン到着。

Photo 7-10-16, 5 08 33 PM

まさしく正統派な「中華そば」。
透き通るようなスープは食欲をそそる。

Photo 7-10-16, 5 09 11 PM

見よ!この透明度!そして微妙に散りばめられた香辛料は、あっさりとしたスープをより引き立てる。

Photo 7-10-16, 5 09 29 PM

早速いただく。
非常にコシのある麺と、あっさりのスープが絶妙に絡み合う。あっさりとはいえ、実は味はしっかりと付いており、あの香辛料が見事にパンチを効かせている。

単なる「中華そば」ではなく現代版にしっかり進化させたこれぞ、今食べるべき中華そばなのである。

ということでシメとしても使えそうな「ちよがみ」のラーメン。
是非いただいて欲しい。

(秒刊ライター:ユカワ)

執筆 秒刊サンデー:yukawanet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。