【これは画期的】エスカレーターで「トラブル」になりにくい表示が話題に!


PAK85_minnashitamukiesk20150107071348_TP_V



エスカレータといえば、東では左がそのまま乗る人、右が追い越す人、そして西では左が追い越す人、右が乗る人と逆です。その文化を誤って理解すると後ろからとんでもない圧力を受けることとなり、文化の違いの洗礼を受けることとなります。ということですが、海外でも同じような問題があるようでその解決法がこちら。 


GZrVx6tzTZUJWMNpVWeVxLSaKwByBDjdwRFvgiBioHk

こちらがとある海外のエスカレーター。なるほど、これであれば左が追い越し陽、右が普通に乗る用と明確に分かれているのでわかりやすい。トラブルも起きにくく、後ろからの圧力も受けにくいので、将棋倒しになるような事故も起きにくい。

一見これは素晴らしいアイディアに見えるが、この方法のリスクとして明示的に「追い越し」を許可してしまうことになる。当然後ろからバタバタとエスカレーターを降りられてしまうと転倒の危険も。

日本では歩きが禁止とされているところもあるので、なかなかこの方法を導入しづらいという問題もありそうだ。

掲載元

https://www.reddit.com/r/pics/comments/4sv6d6/how_to_escalator/

(秒刊ライター:たまちゃん) 

1 COMMENT

秒刊名無し

乗る人の重心が片方にばかり掛かり、故障しやすくなるのではとも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。