【大炎上】日本のお祭りでの「炎上」の様子があまりに美しいと海外で大評判

ds

かつては「お祭り」と呼ばれていた現象は今はそんなに発生しなくなりました。しかし祭りではなく「炎上」とよばれる現象は頻繁に発生するようになりました。頻繁といいますよりほぼ毎日のような状況ではありますが、このような現象はあまり好ましくないもので避けたい。しかしこちらの「炎上」はあまりに美しい。


das

こちらは日本の豊橋市で行われているお祭りで「炎の祭典」とよばれるもの。まさしく炎上ではあるが、列記とした手筒花火のお祭り。お祭りと炎上、密接に関連したこの事業は、馴染みのある我々日本人の目からしてもあまりに勇敢で勇ましい。きっと火の粉が暑いでしょうけど、それを我慢して美しさだけにこだわりを持つ。

adsdsa

海外でも「とても勇敢過ぎる儀式だ」と関心を寄せております。もちろんこのイベントは祭りに付属した、現地への集客、そして収益に結びつけるための客引きと言われればそうなのかもしれませんが、彼らは実に「真剣」で熱い!

そうこの、手筒花火のように。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/travel/travel_news/article-3703553/Don-t-try-home-Spectacular-images-Japanese-festival-men-carry-bamboo-tubes-stuffed-gunpowder-shoot-flames-30ft-high.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。