【超危ねえ】巨大ザメから家族の命を救ったのは、なんと携帯のアプリだった!?

hai2

真っ白な砂浜、誰もいない貸し切りビーチ・・・日々の喧騒から逃れ、夏の休暇を楽しんでいたファミリーを、巨大なサメが襲う!?家族を救ったのは、なんと携帯のアプリだった!


ことが起こったのはアメリカの東海岸。ゴルトシュタインさんとその家族はChathamビーチをボートに乗って満喫していました。
ビーチにはほとんど誰もおらず、ほぼ貸し切り状態。青い海に白い砂浜、そこに自分たち家族だけなんて、夢のよう。
しかし、楽園のようなビーチが、ある時を境に一変!

家族が乗っているボートに、一匹の白い巨大なサメが向かってきたのです!その距離はどんどん縮まっていきます。あ、危ない・・・!
しかし家族は、無事逃げ切ることができました。なぜでしょうか?そこには、携帯アプリの助けがあったのです。

hai

 
サメが近づいてくる前に、突然携帯が鳴りだしました。ふと目をやるとそこには「危険!サメが接近!」の文字。
このアプリは「アトランティック・ホワイトシャーク協会」が提供している携帯用アプリScharkivityで、アメリカの東海岸に生息しているサメの情報を知らせるアプリなのです。

幸運にも、家族はこのアプリをダウンロードしていました!なんたる偶然でしょうか。
ちょうど研究チームのヘリコプターが空を徘徊し、サメの存在を確認したところでした。家族は叫びます。「サメが私たちのボートの近くにいます!助けて!サイレンを鳴らして知らせてください!」

ゴルトシュタインさんの娘も、なんとサメを撮影していました。命の危険が迫っているというときに、肝が据わっていますね・・・
サメはなんと4メートルにも及ぶほどの巨体でした。

サメが近くにいるかどうか知らせるアプリ?そんな特化されすぎたアプリ一体誰が使うんだよ、というかそんなもの実際に海で役に立つのかよ、と思いませんか?
今回の事件は、このアプリが「有効」であったことを物語っています。実際4万件もダウンロードされているのだとか。携帯でなんでもできるようになった昨今、ついにサメから身を守ることまでできる境地に・・・

みなさん、アメリカの東海岸に行かれるときは、サメアプリをダウンロードしましょうね。

掲載元
http://www.news.de/panorama/855644814/anti-hai-app-rettet-familie-vor-vier-meter-hai-chatham-beach-weisser-hai-schwamm-direkt-neben-dem-boot/1/

(秒刊ライター:はる) 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。