【キモすぎ!!】2.35メートルの巨大なまずが釣り上げられたと話題に!釣り人たちは大興奮、一般人は大パニック!

wels

季節の良いこの時期、アウトドアで海や川に行く人も多いのではないでしょうか。特に川は、危険も少なく安心して遊べるイメージがありますね。
ドイツのある川で、釣り人が釣りを楽しんでいた時のこと。彼はとんでもないモンスターを釣り上げてしまったのです!平穏な川にひそんでいた巨大魚。これはいったい・・・!? 


ドイツの街フランクフルト。そこで釣りを楽しんでいたゾランさん(38)は、とんでもないものを釣り上げてしまいました。
あまりの重さに彼は仲間に助けを頼みます。同僚のデヤンさん(38)とともに、二人は一生懸命に竿を引きました。釣り上げるまでにかかった時間はなんと3時間35分!!!
もう夜もふけて23時20分になっていました。 

その正体は、2メートル35センチ、78.6キロにもおよぶオオナマズ!見た目はもうすでに魚らしさを失い、グロテスクなモンスターです・・・

釣り上げたゾランさんは鼻高々。と同時にへとへとです。釣り上げた後は腕に感覚が戻らなかったとか。そりゃあそうですね、3時間半もこんなモンスターと闘って。ポケモンボールを投げるのとはわけが違います。

このようなレベルの大きさの魚に出会うためには、と魚釣り専門店の店主は語ります。
「餌が非常に重要だね。このときは、12センチの疑似餌をつけていたようだよ。」
釣歴史上25年以来の大物の登場に、釣りファンは大興奮。「こんな大物、二度と現れないかもしれない!」

・・・こんなモンスター、川で出会いたくなんてありません。二度と現れてくれないことを祈ります。

掲載元:http://www.news.de/panorama/855642538/anglerglueck-in-griesheim-am-main-angler-angelt-2-35-meter-wels-78-kilo/1/
(秒刊ライター:はる)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。