【悲報】アメリカ人に「活造り」ご馳走した結果!→ゲテモノ扱いされた件。

s_DSC_1871

日本人が活き作りのお刺身を提供されると、新鮮な高級料理が食べられると小躍りしてしまうほど嬉しいですよね。しかし文化が違えばこれもゲテモノ料理となってしまうようです。アメリカ人に日本の新鮮なお刺身を食べてほしくて、日本人でもなかなか食べることができない呼子のイカを食べに連れて行ったところ、全くありがたがられませんでした。

佐賀県呼子の名産で、新鮮な踊る活きイカが「呼子のイカ」です。
九州地方でしか食べられないので九州へ旅行へ行った際は是非とも食べておきたいグルメの一つです。
アメリカ人の友人が「日本っぽい食事をしたい。」という事なので、福岡県で呼子のイカが食べられる居酒屋へ行くことにしました。
日本っぽい食事で何を選んだかは友人には内緒です。

s_DSC_1859
 

まずは、お刺身に合う地酒をチョイス。
純米超辛口の夢胡蝶です。
「サケ」は気にいってくれたようで、友人の口にスイスイ流し込まれていきます。

s_DSC_1871
 

さて、メインの呼子のイカが登場です! 
本州で食べるイカの刺身は白いですが、この呼子のイカは透明です。

s_DSC_1883
 

そして新鮮さゆえまだ動いています。
これぞイカの活き作りですね!
運ばれてきた瞬間、友人は早口で何かまくしたて、聞き取れない英語を言いながら席を立ってカウンター席へ一人で移動してしまいました。

s_DSC_1881
 

吸盤もまだ吸い付くほど新鮮だし、ここでしか食べられない高級品だから九州にいる間に食べないと損なのにね。
と思いながら、日本人だけで美味しく頂きました。
コリコリで歯ごたえがあり、味わったことのないイカそのものの味を堪能です。

s_DSC_1901
 

刺身を食べ終わったら、えんぺらとげその部分は天ぷらにしてくれました。
イカの形体がなくなったおかげか、この天ぷらが運ばれてきたときには友人はテーブル席へ戻ってきて一緒に美味しく頂きました。
 
アメリカ人の友人に喜んでもらおうと、和食の醍醐味である活き作りを食べに行ったら、喜ばれるどころか怒られてしまいました。
国が違うと食文化も違うので、一緒に食事に行く際は気を付けたほうがよさそうですね。

酔灯屋 天神店:呼子活きいか姿造り(2,400円~)

(秒刊ライター:マギー) 

4 COMMENTS

秒刊名無し

異国の食文化を学ぶつもりがないなら自国にずっと籠ってろ。

秒刊名無しさんでー

なんか外国人って食育が遅れてるよね
動物を食べるために動物を殺しているという事実から目を背けてる気がする
だから踊り食いとかは残酷だと言いながらフォアグラとかは作るところ見てないからOKみたいなね

秒刊名無しさんでー

食に対して目を背けるのではなく、生き物に感謝して食するからこそ、苦しまないようにするってのが一般的で、生きたまま食することを禁忌にしてる宗教や罰則対象の国もある。
日本が行っている活き造りは単に人間の自己満足であって生き物を苦しめているという説はある。

秒刊名無しさんでー

で、それは角砂糖何個分?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。