【何それ怖い】誤って死亡認定された少女「生きたまま」埋葬され助けを求める!

1

死者が生き返る、それはかつてから「ゾンビ」という部類で呼ばれておりましたが、医学の進歩や火葬が主流になりつつ今、生き返るということはほとんどありません。日本では埋葬される頃には既に骨になっているわけですが、海外ではまだ土葬の文化もあり、埋葬された後に息を吹き返すなんてこともあります。


2

こちらは16歳の少女、銃撃戦に会いその後心臓発作で倒れ、医者に死亡認定を受け家族によって埋葬されたようです。

しかしその後、彼女のボーイフレンドが墓地に行くとなにやら「騒音」が聞こえてきたという。しかも彼女の埋葬された足元から。

それを聞きつけた家族は直ちに彼女を掘り起こしその一部始終が映像として公開されニュースとして取り上げられました。

1

棺桶を取り出す様子。

しかしこの話に関して多くのかたが疑問を持っているとのことで、本当なのかウソなのかよくわかっていないのが現状です。

日本では死亡認定された後、お通や・葬式とあるのですぐに埋葬されることはないのですが、海外ではあながち無くはない話ですね。ああ恐ろしい。

掲載元
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/horrifying-moment-dead-girls-coffin-8751356

(秒刊ライター:たまちゃん)

2 COMMENTS

秒刊名無し

人から聞いた話。瀬戸内海の島は医者が居なくて、死亡確認も大きな島から
おじいちゃんの医者が来るんだけど、高齢で誤診も多いけど誰も医者が
来なくなる方が恐ろしくて、だれも窘められない溺死の死亡確認をとって
その後火葬すると、骨すら残って無くて色々調べたらなぜか煙突に
遺体が引っかかってたそうだ。
それを見た子供が騒ごうとすると、大人が恐ろしい形相で止めると言
う田舎が怖くなる話。

秒刊名無しさんでー

東南アジア及びアフリカではよくある話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。