【悲報】中国でついに「ダビデ像」にもモザイク入る!もうネタ過ぎると話題に

david

ミケランジェロの代表作として知られる、世界的に有名な像である「ダビデ像」。これは歴史の教科書などにも出てくるほどメジャーな作品で見たことがないという人はいないぐらい有名。しかしこの像に関しては割と落書きの対象になりやすく、ネタとしても格好の餌食。もちろん中学生レベルだが、なんと国家を上げて手を加えた国がある。


davide

ということでダビデ像にモザイクを入れたのはやはり中国である。

ぼかしが入れられていたのは、中国国営テレビのひとつであるCCTV(中国中央電視台)のチャンネルの一つ、CCTV-13 新聞(ニュース専門)チャンネルだ。右上のサムネイルを見ていただくと判るように、陰部にぼかしが入っているのが判る。

しかし、芸術作品への冒涜だ!等とクレームが入りCCTV-NEWS 英語新聞国際放送のチャンネルでは、無修正のダビデ像を放映。

この日の放送は、中国の国立博物館で行われているルネサンス展についての報道であるが、ダビデ像のシーンがヌードに当ると判断し遮断したようだ。国営テレビはこの件に関し『倫理的な社会環境を構築するための処理』だと話す。

中国では、このほか映画や漫画など日本より厳しい検閲がおこなわれ、黒く塗りつぶしたり消されたりする処理がされている。

ということで中国ではこれは芸術作品ではなく、卑猥なものであるということの解釈のようだ。

記事
http://feedproxy.google.com/~r/micgadget/~3/GBFdz_FAM6U/

(ライター:たまちゃん)

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

芸術でも下半身は作らないでほしかった

秒刊名無しさんでー

たまちゃんの股間にもモザイク入れとけよ
危ないから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。