【恐怖】エレベーターに閉じ込められた女性が管理会社に助けを求めた結果→その返事がありえないと全米で話題に


Panik-im-Fahrstuhl

たいていの企業にはSNS担当が配置されており、客からの苦情や質問には即対応できるようになっている今日この頃。例えばあなたがエレベーターに閉じ込められたとしても、TwitterやFacebookで助けを求めればすぐに反応してくれる「はず」。しかしその実態をさらけ出す、とんでもない事件がアメリカで起こり話題になっています。


ワシントンのボルチモア空港のエレベーターが止まり、閉じ込められてしまったのはジャーナリストのAmandaさん。

彼女はすぐに、エレベーターの責任会社であるAmtrack社にTwitterで助けを呼びかけました。

ボルチモア空港のエレベーターに閉じ込められちゃったのよ!助けて!

title

しかし結局のところAmtrack社からの返事はなし。

それからなんと約7か月後、彼女の発信したTwitterにAmtrack社から返事がきたのです。

えー、すみません、もしかしてまだ閉じ込められていますか?

これにはAmandaさんもびっくり。今更!?

この「遅すぎる」お返事が話題となり、Twitterでは2000ものLikeが。

史上最悪のカスタマーサービスだな

Amtrackは国営会社がいかに怠惰かよく示してくれたわけだ

とユーザーは非難ごうごう。

実際には、このTwitterのメッセージを見たAmtrack社はすぐさま反応し、Amandaさんを助け出していたのですが、この7か月後のとんちんかんな返信が、いらぬイメージダウンを招いてしまったよう。

しかしどうして7か月後なんかに、急にお返事差し上げる気になったのでしょうね・・・

掲載元:https://www.welt.de/vermischtes/kurioses/article158065946/Hilferuf-im-Lift-Reaktion-erst-nach-sieben-Monaten.html

(秒刊ライター:はる)

7 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

書き出しの「たいてい」で読む気失せた

秒刊名無しさんでー

ソフトバンクのカスタマーセンターへのメールでの問い合わせも、6ヶ月後に来た。その後、携帯のメール受信がしばらくおかしくなった。

秒刊名無しさんでー

これ7ヵ月後に返信した部分に「何故?」と思う人がいるかもしれないが、これ仮に閉じ込められた人が死亡して、後で事実が発覚した場合に管理会社や担当者は第2級殺人の罪に問われるから。生死に関わる状況を知りながら放置したとなれば明らかに有罪になる。7ヵ月後とはいえ一応対応すれば陪審員の心証や責任の有無が違ってきて、判決に影響がでてくる訳。
そこは日本とは社会のシステムが違うからってこと。
ちなみに隠蔽や揉み消しは通話記録が発信側とアンテナ基地局に残ってるから不可能。届かなかった~って嘘は、別の責任問題で追求され通用しないし、同じく第2級殺人罪は間逃れない。

秒刊名無しさんでー

全米でどう話題になったのかと思ったら、「全米が笑った」の方みたいだな。一種のアメリカンジョークだとコナン。

秒刊名無しさんでー

普通に、担当者が馬鹿に交替したんだろ。引き継ぎもろくに聞いていない馬鹿に。

秒刊名無しさんでー

なぜついったーに送るの?

秒刊名無しさんでー

※4
全米で話題に!(話題になっているとは言っていない)
やぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。