【凄すぎ】1000fpsで服に投影する不思議なディスプレイが登場!凄すぎると話題に

36

技術の進歩というものは日々進化しており、我々の想像を絶する技術が次々登場します。それが何の役に立つのか、そしてどういう目的で使うのか。その質問は「愚問」なのかもしれません。なぜなら何に使うのか、何の目的なのかというものを問いてしまえばそれは技術の進歩を遅らせるのです。つまり、面白いから作った。それでいいのです。


https://youtu.be/-bh1MHuA5jU

こちらの技術は服に映像を投影するという不思議な技術です。ただし服そのものがディスプレイになっているのではなく、ある意味プロジェクションマッピングのような形で、プロジェクターから投影した映像が衣服に投影されるという仕組みで、しわくちゃ・でこぼこの衣服でも難なく投影できてしまうというすごい技術である

01
02

実はこれ日本の「石川渡辺研究室」が作ったもので、映像のフレームレートは恐るべしレートで「1000fps」だという。確かにそのスピードで投影すればデコボコな面でも即座に対応できそうだ。

※最大フレームレート1,000fps/8bit。解像度は1,024×768ピクセル。

ただこれが何に活用されるのかは未知数ではありますけどね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3859932/Watch-smooth-image-projected-MOVING-fabric-lead-way-interactive-clothing.html
 
(秒刊ライター:たまちゃん) 

5 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

1000なんか視認出来んし要らんのちゃう?(無知並感)

秒刊名無し

投影した映像のフレームレートじゃなくて撮影のフレームレートが1000fps。超高速度カメラと超高速処理で形状認識をして、たまに布の上に投影されているメッシュで表現されている形状にあった映像を投影している。そのため、投影する映像のフレームレートは必ずしも高くなくて良い。

秒刊名無しさんでー

物体なんて所詮は幻だってことだな(哲学

秒刊名無しさんでー

ボディペイントが捗るな

秒刊名無しさんでー

1000だ1000だって意味わかって書いてんのか?
ジャパネットじゃあるまいしスペックの数字連呼するだけの頭悪い記事だな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。