【あなたは全部解読できるか】2016年に起こった出来事を詰め込んだ一枚の絵!ポケモンやPPAPまで

e

2016年も残すところあとわずか。12月に突入するやいなや、今年一年を表す漢字や、今年の顔だと思われる女優男優が発表され、街では忘年会が毎日のようにどこかで行われ、「今年はどうだった、ああだった」と語らわれる。そんな年末にふさわしく、ここに2016年の出来事を詰め込んだ一枚の絵が発表された。良いことも悪いことも、起こりすぎた2016年。あなたは絵に描きこまれた一つ一つの出来事を、認識できるかな?

Go home, 2016, you’re drunk.
家に帰りな、2016年よ。お前は酔っぱらっちまってる

というのは、 Slate誌が今月初めにTwitterでツイートしたフレーズである。2016年を的確に象徴した端的な表現として、イギリス圏でたちまち人気のフレーズとして使われるようになった。

デビッドボウイやプリンスがこの世を去り、アメリカでは新大統領にドナルド・トランプが抜擢された。南米でのジカ熱騒動や縦続くテロそしてイギリスのEU離脱。
あまりにカオスであった2016年を、 クリエイターグループBeutler Inkが一枚の絵に描きこんだ。

e

この絵の中に描かれている一つ一つが、2016年に起こったことなのだというから、感心せざるを得ない。
この絵はオランダのフランドル派の画家Hieronymus Boschによる、The Garden of Earthly Delights(快楽の園)を モデルとしている。

the-garden-of-earthly-delights

 図構成は確かに、この絵とそっくりであるが、コミカルに描かれた人物、そしてファンキーな色使いから、受ける印象はずいぶん違う。

クリエイター達は、2016年の初めから既に作業に取り掛かっていたのだとか。 その段階では2016年が混沌に満ち溢れた一年になるだろうとは、彼らも予想だにしなかっただろう。

亡くなった人たちは、 Boschの原画でもエデンの園が置かれている左に描かれ、デヴィッドボウイやプリンスが見られる。
右側の「地獄」ゾーンでは、政治関係の出来事が集められている。一番全面に躍り出ているのは、やはりトランプ。
描きこまれているのは悲しいこと、恐ろしいことばかりではない。 世間を風靡した芸能人、出来事、ゲームなども描かれている。ポケモンやPPAPのピコ太郎まで描かれているのは、日本人として少なからず嬉しい。
あなたは描かれている一つ一つを、説明できるかな?

絵を拡大して詳しく見たい方はこちらから。
https://static1.squarespace.com/static/571a9b3cd51cd4f1ca1c03b5/t/584eba11d2b8572e1953364e/1481554471645/BeutlerInk_Heresto2016.jpg

掲載元:http://www.huffingtonpost.com/entry/best-and-worst-of-2016-illustration_us_58580249e4b08debb789f02f?
(秒刊ライター:はる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。