【悲報】中国の新幹線、大気汚染で目を疑うほど「真っ黒」になる

jpeg790x600

大気汚染は世界的に問題となっている公害でして、日本でも高度経済成長期には度々問題となりました。その過程を踏まえ現在日本は環境への配慮が盛んに行われているのですが、逆に現在中国は高度経済成長期真っ只中ということで、当然大気汚染の問題も発生しやすく、PM2.5などの問題により非常に空気が汚染されているのはよく聞きます。


39

現在の「PM2.5分布予測」を確認すると、相変わらず中国では凄まじいほどの大気汚染が進んでいる。日本は1億人、対して中国は10億人。10倍のパワーで大気汚染が進むという深刻な状況。当然このような状況では色々と問題が起きる。そして今話題となっておりますのがこちらの新幹線。

新幹線といえば、白、しかし大気汚染により・・・

jpeg790x600

白い新幹線が灰色に。まるですすの中を進んだかのように真っ黒になっておりますが、これも公害の影響によるものだそうです。

jpeg790x600
jpeg790x600

隅々にこの黒い物質が付着しております。
しかしこれは新幹線。人間にも迷うことなく付着するわけですから、問題が起きないわけではないのです。しかしとりあえずは大丈夫。

だが、5年後、10年後本当に丈夫なのか
それはまだ誰もわかりません・・・。

 ※画像 tenki.jpより
http://www.tenki.jp/particulate_matter/

掲載元
http://tt.mop.com/16258182.html

(秒刊サンデー:たまちゃん) 

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

SLかな?まぁ日本の新幹線でも上の方は黒ずんでるときあるけどね。いや日本のは鉄粉なのかなあれは?急造だから洗車装置とか足りないのもあるかな。なかなか日本ほど洗車しなきゃ!とはならんのかな。

秒刊名無しさんでー

中国と秒刊は汚い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。