【珍事件】わーい!駐車場に戻ってきたら、お金が入った封筒が車に挟まれてた!


auto2



車上荒らしにあって、車から金品が盗まれることはあっても、まさかお金が置いてあった、なんてありえるだろうか。それが、あったのである。ある女性が駐車してあった車に戻ってきたところ、なんと何者からかお金が残されていたのだ。そしてそこには、一枚の置手紙があった。


一体この世で、誰が好き好んで他人の車にお金を置いていったりするだろうか。受け取った側とて、そんなお金は不気味すぎて使えない。

今回の事件の当事者も、そのお金を発見したとききっとそう思っただろう。

auto

ドイツのケルンで起こった不気味な話である。ある女性が朝愛車のアウディを駐車し、仕事に出かけた。夕方戻ってくると、彼女は車の異変に気付く。サイドミラーに封筒が挟まっていたのだ。 

ご丁寧に見つけやすいよう、運転席側のサイドミラーに挟まれていた封筒。一体なんだろうと封を開けてみると……なんと中にはお金が!

額にして40ユーロだったそう。

40ユーロという額はまた、リアルである。

不審に思った女性。お金が盗まれることはあれども、置いていかれることなんてまずない。

よく見てみると、中には一枚の手紙が入っていた。

auto3

そこにはこう書いてあった。

ごめんね。うまく使わせてもらうから!

ますます意味がわからない。使わせてもらう?一体何を?やっぱり何か盗られたのか?

何か変わったところがないか、車の周りをぐるっと回ってみた女性は、ある物がないことに気が付いた。

ナンバープレートがない!

泥棒は、ナンバープレートを外してもっていってしまったのだ。

つまり、このお金は「ナンバープレート代」ということだろうか?これで新しい物を買ってねってことか?ていうか一体そのナンバープレート、何に使うんだ!

この手紙とお金はナンバープレート泥棒のものによるものだとして、女性はすぐさま警察に連絡。

しかし残念ながら、今だに見つかっていないのだという。

手紙やお金を残しているあたり、悪用するのではない気がするが……一体何のために使うのか、非常に気になるところである。

掲載元:http://www.huffingtonpost.de/2017/01/23/koeln-diebstahl-auto_n_14328966.html?ncid=fcbklnkdehpmg00000002

(秒刊サンデー:はる)

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

こんなもの置いていかなければ事件発覚までの時間がのびてバレなかったかもしれんのに馬鹿だな

秒刊名無しさんでー

部屋に飾るのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。