【革命的すぎ】人生ダメにする「オトナ・VR」が登場!臨場感がありすぎるらしい


01



VRといえば、目の前に仮想空間が広がるという画期的なディスプレイですが、欲を言えば、その映像に触れたり、相手の方から触ってくると言った触感があればというところです。もちろん時代が進めばそのような技術は開発されるのでしょうけど、それまでは現時点のバーチャルでしかないのです。しかしこちらはその第一歩なのかもしれません。



02

ということで、新たに登場したこちらの「POV Head Rig」。

見た目怖っ!と思ってしまうほど、VRカメラという外観ではなくなるほど衝撃的なスタイルとなっております。

目には立体カメラ、両耳にはマイクロフォンが取り付けられ、立体カメラは60fpsの4Kという驚異的な解像度で投影される。

さらに頭部後部にもカメラが備え付けられており、まさしく360°野映像を楽しめるほか、頬を撫でるキスをすると言った「感触」も、どのような仕組みになっているのかわからないが楽しめるということです。

ということでこれは「大人向け」といったVRで、本格的なやり取りが楽しめるその夢に第一歩近づいた画期的なシステムなのです。

ー感触だけじゃない「匂い」も楽しめる


03

さらにこちらの「CamSoda」は感触だけではなく「匂い」も体感できるという画期的なVRです。つまりこのようなシステムをすべて集約すれば五感で楽しめるVRが近々登場してもおかしくないということです。

もはやそれはバーチャルではなく、現実といっても過言ではないのかもしれませんが、現実になればなるほど、それなりの「コスト」がかかってきて「現実でいいじゃん」ってことになりそうではありますけどね。

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4185598/Terrifying-mannequin-head-camera-transform-VR-porn.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)