【新常識】静岡県民の奇妙な新常識「朝ラー」を初体験してきた結果。

IMAG1331

静岡の朝の新常識として定着しつつあるのが「朝ラー」である。朝ラーとは、その名の通り朝ラーメンを食べに行くことを指す。藤枝の一部地域では日常的に行われている光景だが、最近では静岡県内全域にその波が広がってきている。朝からラーメンを食べることに抵抗があったのだが、朝ラー初体験してきたのでレポートしていこう。

今回お邪魔したのは、静岡県掛川市にある「麺屋さすけ」さんだ。

IMAG1341

朝ラータイムとして平日の朝7時~9時のわずか2時間だけ朝ラー専門のメニューを提供している。
煮干し出汁のきいたスープに平打ち麺の「煮干しそば」とそれに背脂を加えた「背脂煮干しそば」のみで勝負をしている。

今回は、背脂煮干しそばを注文することにした。
朝からラーメンというだけでも胃に重そうなイメージがあるが、あえて背脂を加えてヘビー級にしてみるという挑戦。

こちらが「背脂煮干しそば」だ!
IMAG1331

トッピングは岩のり、メンマ、チャーシュー、タマネギ、ネギに三つ葉。
麺が見えないほどの背脂。
絶対に朝から食ったらヤバいやつだ。
そう思いながら麺をすすってみたところ、
IMAG1333

この爽やかさは何なんだ!!
ラーメンを食べて爽快と思えたのは初めてだ。
煮干しの奥深さと背脂の甘みのスープが、平打ちのストレート麺にほどよく絡んでこの爽やかさを演出している。
トッピングにはタマネギが含まれており、時々口の中でシャキシャキとする食感も味がある。
IMAG1336

そしてこの大きなチャーシュー。
厚くてでかいのに、とろっとトロける。
IMAG1338

朝からラーメンは絶対ムリだと思われたが、この爽やかな煮干しそばはスープをすべt飲み干せるほどだった。
IMAG1339

「また明日!」と店を出る常連客も多かった。
朝ラーの魅力に取り憑かれた静岡県民の気持ちがわかったような気がした。

麺屋さすけ
静岡県掛川市上張676-1

(秒刊サンデー:マギー)