【心温まる話】かつて自分を救ってくれた恩人を目の前にしたライオンがとった行動に、目頭が熱くなる!

lo5

動物は我々と言葉が交わせない。彼らの本当の気持ちを言葉で聞くことはできない。だからこそ、彼らに「情」のようなものがあるのかどうかと、ふと疑問に思ったことはないだろうか。そんな疑問を解いてくれる話をご紹介したい。ひどい扱いを受けていたメスライオンと、彼女を救ったある男性との深い絆の話だ。


lo2

メスライオンのクララ。彼女は今、メキシコの動物保護団体の元で暮らしている。

この団体は、サーカスや飼い主からひどい扱いを受けた動物を保護する団体である。

クララもかつて、極悪非道な飼い主の元から救済されたライオンだ。

彼女を救ったのは、アドルフさんという飼育士。傷ついていたクララを懸命に世話し、成長を見守ってくれた、クララにとっての恩人である。

クララを保護団体に引き渡したのはもう何年か前。最後のお別れから一度も会っていなかった2人が、今回再会する運びになった。

lo7

Adolfさんは、一抹の不安を覚えていた。果たして、クララは自分を覚えているだろうか。何年も会っていなかった人間を、動物は記憶しているだろうか。再会を喜んでくれるのだろうか。

檻の前にたつAdolfさんをじっと見つめるクララ。

Adolfさんが入った瞬間……

lo3

lo4

lo5

lo6

喜んでころこんで、Adolfさんを思わず押し倒してしまうほどのクララ。

Adolfさんのことを、しっかり覚えていた。覚えていただけではない、自分の恩人であることを忘れず、大切な人、大好きな人として胸に留めていたのだ。

期待以上の喜びあふれるお出迎えに、Adolfさんもとても嬉しそう。

言葉が話せなくたって、大切な人のことはきちんと覚えているし、喜びを伝えることができるのだ。

種の壁を乗り越えた2人の友情に、胸が熱くなるエピソードである。

掲載元:http://www.huffingtonpost.de/2017/02/08/mann-rettet-loewin-wiederssehen_n_14639390.html?ncid=fcbklnkdehpmg00000002

(秒刊サンデー:はる)