【羨ましい!】今話題のスナップチャットでボロ儲けしたのは意外な人達だった!

snapchat-1360003_640
スナップチャットをご存知だろうか?アメリカではツイッターやインスタを超えて若者に人気の動画、写真交換アプリだが、まだまだ日本では知名度が低い。今年あたり日本にも旋風を巻き起こすかもしれないスナップチャットで意外な人達が大儲けしたとか……!

―カリフォルニアの高校がボロ儲け
 
スナップチャットとは、画像や動画を送信できるアプリ。その特徴は送信した画像が1秒から10秒の間で消滅してしまうというところ。

そのスナップチャットの親会社スナップインクのIPO株で大儲けした人達、それはカリフォルニアのシリコンバレー、マウンテンビュー市にあるセントフランシス高校だった。IPO株と高校、一見何の関係もない両者だが、実はこの二つはスナップチャットが成長するのに大きく関係していた。
Snapchats
始まりは5年前に遡る。

スナップチャットに初めに目をつけた投資会社ライトスピード・ベンチャーズ・パートナーズの共同経営者であるバリー・エガーズの自宅での出来事。彼が仕事から帰宅し、キッチンへ行くと、娘のナタリーと友人が夢中になって携帯を見ながら、笑いあっている。

気になったバリーは彼女たちに聞いた。
「なにしてるの?」
娘のナタリーは彼を見上げながら言った。
「パパ、このアプリ知ってる?スナップチャットっていうの。学校ですごく流行っているアプリ。アングリーバードとか、インスタみたいに」

彼はアングリーバードやインスタグラムは知っていたが、スナップチャットというのは初耳だった。同僚のジェレミーにこの話をしなければ、彼はすぐに思った。

その後彼はすぐに二人の若き企業家に会い、彼らから新しい将来性を感じ取った。彼らと初対面してから、10日後、ライトスピードはスナップ社に投資をすることを決定した。

さらにバリーは娘の高校での話が投資のきっかけになったことから、投資に参加するように高校を説得した。最終的に高校側は1万5千ドル(約170万円)の投資を決定した。

あれから5年。ついにスナップはニューヨーク証券取引所に上場。

実際に高校がどれだけの株式を保有しているかは不明だが、ある情報によると「何千万ドルもの価値が出ている」と言われている。どれだけの利益がでているかはわからないが、とにかく高校側はうれしい悲鳴をあげているという。

ライトスピードも高校がこのようにスナップの立ち上げ当初から投資をしてくれていることをうれしく思っている。この株式での儲けは学校と多くの生徒にとって、大きな助けになるだろう。

さて、ライトスピードはというと、今まで8百万ドル(約9億円)ほどの投資を行っているため、今回のIPOの公開価格17ドル(約2千円)に基づいて計算すると約14億ドル(約1600億円)もの価値が出たことになる。

巨額の利益をもたらしたスナップのIPO株。そのきっかけが娘との会話というから驚きだ。

スナップチャット、これから日本でも流行るかもしれない?!

―海外の反応

・ すぐに10ドルくらい落ちる。
・ 値段が落ちたら早速買う。
・ フェイスブックの時もそうだったなぁ。散々騒がれて高値がついたけど、すぐに落ちた。
・ セントフランシスって金持ちの私立高校だろ?全然お金が必要だとは思わないけど。
・ 俺の兄貴がこの高校に行ってたけど、本当に金が必要な生徒なんていないリッチな高校。この高校に行きたくても行けない人の奨学金とかになればいい。
・ 金持ちが金持ちを金持ちにする。
・ 全然参考にならない、どうやったらこんな風に成長企業に投資できるっていうだよ、投資会社でない限り無理だろ。
・ 投資はやろうと思えば誰でもできる。成功した人の嫉妬ばかりしてないで、投資の勉強でもしろ。
・ 人が儲けたニュースを聞いてもやる気が起こらない。
・ こういう話はビジネスの参考になる。

掲載元
https://www.reddit.com/r/UpliftingNews/comments/5x57md/a_mountainview_california_high_school_invested/(秒刊サンデー:南ロココ)