【大惨事】ツナ缶でごはんを炊くライフハック「ツナ缶サバ飯」を実践してみた結果。

IMAG1492

災害時ライフラインが今まで通り使えなくなった時、非常食を常備していなくて食べるものがない!と言うような困ったときに使えるライフハック「ツナ缶サバ飯」を先日ご紹介いたしました。東日本大震災から6年が経ち、震災に対する意識を再確認する意味でも、災害時に役立つツナ缶サバイバルレシピを実践して試してみることにしました。

今回は火を使うサバイバル術を実践するということで、専門家立ち会いの下行いました。

まずはツナ缶サバ飯を作る上で必要な材料をそろえました。
IMAG1478

・ツナ缶
・米
・土鍋
・チャッカマン
・キッチンペーパー
・懐石用いろり

まず、あの動画の方法でツナ缶でごはんが炊けるのかを専門家に確認。

「できません」

っっつおおぉぉいいぃぃぃ!!!
出鼻をくじくような発言をするんじゃない!

ブラジルのYouTuber『Guepardo Aventura』さんの動画ではこんなに火力が強くてごはんが炊けているではないか!

 

この動画の方法では米は炊けないこと、ツナが黒焦げになって食べられなくなること、何より黒いすすが出てエラいことになると言う説明を受ける。

・・・が!!!
絶対できると信じて実践。
IMAG1483

火は付きました。
いつまで経っても火力は強まらず。
IMAG1488

1時間経ちました。
IMAG1490

炊けていません。
そこで、なぜあの動画の方法ではごはんを炊くことができなかったのか説明を受けることに。

・ツナ缶の表面の油だけでは火力が弱いためツナを交ぜて全体の油を使用すること。
・キッチンペーパーを紙縒りのようにしてまとめ、火を一点集中させることで火力が強まることでごはんが炊けるようになる。

アドバイスを受けて実践。
S_5768289317391

おおぉぉ!!
火力が違う!

これで30分ほど放置してから土鍋をオープン!
S_5768289503042

炊・け・た!

しかしツナは無残な姿に。
S_5768289984975

焦げた部分を撤去すると半分以上を捨てることに。
頑張って取り除くも、焦げを全て取り除くことはできずに焦げ焦げのツナを食すハメになりました。
S_5768290206955

そして、黒いすすが土鍋を覆い、キッチンのあちらこちらがススまみれとなり大惨事に。
IMAG1494

「ツナをムダにしないために、本当ならツナは別皿に移してから余った油を使って火をおこすんですよ。
ちなみに、油があれば火は起こせるので、空き缶にサラダ油を入れてキッチンペーパーで作った紙縒りを使えば簡単に火がおこせるんですけどね。」

・・・・・・。

■総論
やってやれないことはない。しかし本当に困ったときにやるに限る。

(秒刊サンデー:マギー)

3 COMMENTS

秒刊名無し

面白かったです
でも元動画はなぜあんなにうまくできたのか
コツがあるのか
実は編集しているのか
缶の油分に違いがあるのか

秒刊名無しさんでー

過去記事に
../archives/4581115.html

秒刊名無し

動画と比べて熱伝導の良いアルミのコッヘルではなく、なぜ熱伝導のやたらと悪い土鍋なんかを使ったのかが理解できません、あとツナ缶の上に置く紙の量が少ないですね、動画では数枚重ねてます
ネットで調べたら成功例もあるみたいですし。再度挑戦してみていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。