【死去】クローン人間と噂の「デビットロックフェラー」が101歳で死去する!今後の陰謀論の展開は?!

800x-1

陰謀論と聞けばお好きな方はすぐに「フリーメイソン」「イルミナティ」「ロスチャイルド」「ロックフェラー」といった単語が浮かんでくるのではないでしょうか?
3月の20日にそんな陰謀論の主役と言っても過言ではない人物、ロックフェラー家の3代目当主にして、イルミナティのトップとされていた、デイヴィット・ロックフェラー氏が101歳にして亡くなりました。
 


800x-1 (3)

全国約6666万人(筆者予想)の陰謀論フリークの皆様こんにちは。
陰謀論の世界ではデイヴィットロックフェラーは6回もの心臓移植手術を受けて全て成功したとされています。心臓の手術ですから当然、適合しなければ拒絶反応が起こって死亡してしまう事になるのですが、彼が全ての手術に成功したのは、すでにデイヴィットのクローン人間が造られていて、クローンから摘出した心臓を移植したのでは?といった話があります。

800x-1 (2)

科学技術の面から考えれば、人間は哺乳類のクローンをすでに誕生させており、倫理的な部分を除けば人間はすでに人のクローンも誕生させる事ができる力を持っているのかもしれません。
日本の国家予算の10倍もの資産を有しているロックフェラー家の当主が、自分のクローンを造っていてもまったく不思議ではありません。

そんな噂があるデイヴィッドなので、101歳になりいったい最新の科学で、いつまで生きる事ができるのか注目していた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、今年6月の102歳の誕生日を前にして亡くなってしまったという報道が流れました。

800x-1 (1)

しかし!デイヴィッド・ロックフェラーは本当に死んでしまったのでしょうか?
これはもしかすると新たな陰謀論の始まりだと考えるのは少し走りすぎでしょうか?

これまで歴史上では「アドルフ・ヒトラー」が実は南極に逃げて生きているとか、タイムマシーンの製造に成功して未来に逃げていったという説が流れました。
もう一人「ウォルト・ディズニー」は生きたまま身体を冷凍して現在でも解凍技術が成熟するのを待っているといった説があります。

さて、今回は何といっても、陰謀論の主役「世界皇帝デイヴィッド・ロックフェラー」です。
今からどんな説がでるのか楽しみなのは筆者だけでしょうか?

 

掲載元
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-03-20/david-rockefeller-banker-philanthropist-heir-dies-at-101
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-39333416

ライター
(秒刊ライター:ハナブサ ヒカル)