【墓ショボすぎ!】社会主義指導者ポル・ポトの墓が粗末すぎるぞ!【独裁の末路】

d367c-pol-pot

世界各地で、社会主義の革命がおこった時代があった。東南アジアでも、社会主義の革命を起こそうとしたものがいた。名前はポル・ポト。
今回はカンボジアの北西部のとある小さな村に、カンボジアの人口のおおよそ1/4にあたる人々を虐殺した恐怖の独裁者の墓があるというので紹介しようと思う。


1e39d-corbis-42-15788475

現在、カンボジアはアンコールワットのあるシェムリアップをはじめとして、観光地としてリゾート開発が進んでいる。
しかし、ほんの10年くらい前までは、国境近くでは国道沿いでも地雷マークがあるような、まさしくアジアのデンジャー・ゾーンだった。
内戦は後々までカンボジアに大きなダメージを残す事になってしまった。

その内戦の指導者だった男、それがポル・ポトだ。

pol-pot-f_14grave

これがカンボジアで恐怖政治を行い、1/4の国民を虐殺した人物の墓だ。
あまりにも寂しい墓だとは思わないだろうか?
カンボジアの北西部、タイ側の国境の村「アンロン」に建っている。

あくまで、個人的な意見だが、社会主義という考え方が必ずしも全て間違っているとは言い切れないと思う。社会主義を実現するにはまだ人類が未熟すぎるだけなのかもしれない。

grid-6x2

しかし、ハッキリと言える事がある。

他人の命を奪う権利を持ってる人間はどこにも居ない。

ef02d-ap7501091230

現在、トランプ政権が誕生した事で、民主主義を疑うような声があがっている。

筆者は思う。「民主主義」だろうが「社会主義」だろうが、人間が作ったものに絶対的な正義など存在しない。
正義を盾にして行動するものは、時に悪より恐ろしい。

カンボジアの独裁者「ポル・ポト」さえ、自分の中の正義に従って行動したのだから。

掲載元

https://khmerisation.wordpress.com/2008/04/21/prayer-to-pol-pot/
http://www.nbcnews.com/id/29933064/ns/travel-news/t/tourists-look-luck-pol-pots-grave/#.WNnU8xLyhBw
http://pazhayathu.blogspot.jp/2015/09/some-photos-from-internet-history-and.html

ライター

(秒刊ライター:ハナブサ ヒカル) 

6 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

いや自然状態から考えれば他人の命を奪う権利は誰にでもあり得る

秒刊名無し

殺戮に何の正義もないのは人として誰しもが当然に抱いている事だけど
民主主義と社会主義を同列で語るのは勉強不足杉
民主主義は制度、対するのは専制主義だったり独裁主義
社会主義は経済体系、対するのは資本主義だったり共産主義

秒刊名無し

カンボジアはインドから中国に渡る前に分裂した上座部仏教だから墓を作る教えはない
インドで生まれた大本の仏教は火葬したら遺灰を川に流しておしまいって宗教
中国に伝わって儒教と混ざって先祖を敬う物に変化した物が日本に伝わったから
日本人の感覚としては墓の規模を気にするけど、そもそも仏教は輪廻転生が基本だから墓に意味はない
日本人にしみついてる大乗仏教とは違うってことを前提に記事を書かないといけないと思うよ

秒刊名無しさんでー

コメント欄、いい感じでエキサイトしてるじゃない(笑)こうでなくっちゃね(^ ^)

秒刊名無しさんでー

2番はおかしいよ。

秒刊名無しさんでー

1番は馬鹿なのか?
人間はいつでも人間を傷つけることができるのであって、傷つける権利なんかないぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。