【1万分の1の確率】完全な「ミニ2又のおろち」が捕獲されたと話題に!

Snake-born-with-two-heads

ヤマタノオロチはかつて日本で恐れられていた、8つの頭がある大蛇ですが、実際にそんなバケモノは存在しません。何かの見間違いかもしくは、何かの例えという、あまり夢も希望もない話で始めさせていただいているわけですが、こちらの写真をご覧ください。なんとあのヘビが、頭が2つもあるわけです。



ー二又のオロチが存在か!?

Snake-born-with-two-heads (1)

こちら発見された「二又のおろち」。オロチとは名ばかりで、実際は手のひらに乗るぐらいの小さいやつで、ペットとしても可愛いぐらいですが、頭が2つあるのに生き生きしているのが若干不気味で、何か不吉な予感さえ感じざるをえないわけです。このヘビは米国カンザス州の森林で、写真家のジェイソン・タルボットが偶然発見したそうです。

Snake-born-with-two-heads (2)

2匹?は独立した動きを見せ、ぶきみにくねくねうごくそう。

しかしお互いが、思いのままに動くので、全く前に進まないそう。また片方がそれを嫌がって頭を噛むのだとか。なんとも理不尽。

このようなヘビは1万匹に1匹いるそうですが、実際最後まで成長できる可能性が低いので実際はよくわからないのだとか。

掲載元
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/watch-terrifying-two-headed-snake-10144009

(秒刊サンデー:たまちゃん)