【飛行遅延】またか!乗客と乗務員のトラブルが原因で飛行機が遅延する事態に!

3F73F7320000057 (2)

オーバーブッキングで乗客が引きずり下ろされ飛行遅延、ベビーカーを取り上げられ号泣する母親で飛行遅延。最近は飛行機に関する様々な問題が乗客の動画によって明るみに出る事態となっています。今回は、とあるユダヤ人の男性のある行動によって飛行機が1時間以上も遅延する事態となっていまいました。


飛行機に乗る際には、飛行中の安全を確保するために動画が流れてきます。
これを見て確認することで、飛行中に万が一が起きた場合乗客は身の安全を確保することができます。
しかし、ユダヤ人の男性が乗務員に向かってこんな一言を発したのです。

「子供にテレビは見せたくない。」
3F73F7320000057 (3)

宗教的観点から、飛行中にテレビや映画を見せることは教えや慣習に反していると主張したのです。
男はテレビを止めて欲しいと乗務員に詰め寄りますが、当然そのようなことは受け入れられません。

男と同じ信仰の乗客も数十人乗っていましたが、他の信仰者は男の行動に理解を示す者はいませんでした。
更に、「男の行動は神の名を汚している。」と述べている人もいました。
男が立ち上がって抗議をするので、飛行機は離陸することができない状態になってしまい、結果1時間以上の遅延に繋がってしまったのです。
3F73F7320000057 (1)

一度は滑走ゲートまで行った飛行機がゲートまで戻り、警備員が乗り込み説得をし、更に、アイマスクを着用してもらいテレビが見られない状況にすること男は座席に座ることとなりました。
今回は、オーバーブッキングや空港側のミスではなく、乗客の主張やわがままによって飛行機が遅延する事態となりました。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/travel/travel_news/article-4431972/Orthodox-Jewish-father-delays-flight-hour.html

(秒刊サンデー:マギー)