【注意!】アメリカではネットフリックス中毒の10代が増加していると話題に!


netflix


ネットフリックスが日本に上陸して2年弱。オリジナルコンテンツや映画のラインアップの豊富さで人気を博している。アメリカでは現在ネットフリックス中毒になる10代が続出!ということで、アメリカでの10代における動画事情を調査した結果が話題に!

―10代はネットフリックスが大好き!

リサーチによると、10代における毎日の動画サイト利用において、ネットフリックスが第1位に輝いた。

動画サイトを利用する10代のアメリカ人に毎日どの動画を見るかを調べたところ、38%がネットフリックスを利用すると答えた。次点はYouTubeの26%。

そして注目すべきは第3位。3位にはケーブルテレビが23%でランクインしているが、ケーブルテレビのシェア率は昨年度の同時期のリサーチと比べるとかなり減少している。また、Huluは4%だった。


Streaming-habits-of-teens


YouTubeやHuluがライブTVの配信サービスを始めたことで、ネットフリックスのシェアが減ると予想されていたが、実際にはいまだ利用頻度1位に君臨している。ということはつまり、10代は「ライブ」TVに興味がないのか?

そもそも10代の若者はすでにオンデマンドの世界で育っている。彼らは生まれた時から好きな時に、好きな場所で、好きなプログラムを視聴することができる世界にいるのだ。見たいテレビ番組の時間に合わせて視聴するということ自体、彼らはあまり興味を持っていないように見える。

YouTubeは今や世界に10億人の視聴者がいるといわれていて、その中でも18歳から24歳までの視聴者はどのケーブルテレビのネットワークの視聴者よりも多い。

10代は動画にはかなり興味を持っているが、いわゆるケーブルテレビなどはほとんど見ないようだ。

ネットフリックスにとっては朗報となったリサーチの結果。どのメディアも若い世代の支持を切望している。というのも、ネットフリックスを毎日見ている若い世代がいずれ視聴料を支払う大人になり、ネットフリックスがその層を維持したままこの先動画配信業界を引っ張っていくような立場になると考えられている。

これはあくまで10代向けの調査であるが、実際アメリカではどの世代においても、動画配信の先駆けであるネットフリックスが揺るぎない人気を誇っている。日本ではどちらかというと後発にあたるため、日本でのネットフリックスの状況とは必ずしも一致しない。

今後動画配信サイトの内容が充実すればするほど、アメリカのように地上波テレビはほとんど見ず、動画サイトのみ視聴する、という人もでてくるのかも。あなたはネットフリックス派?アマゾンプライム派?Hulu派?それとも地上波テレビ派?

―海外の反応

・ ラインナップがよくてCMもないネットフリックスだからケーブルTVよりいいのは明白だろ?

・ 実はカスタマーサービスが素晴らしい。

・ アマゾンも悪くないぞ。

・ そのうちCMを知らない世代の子供が生まれる……。

・ 俺、19歳だけどテレビでCM見たことない。家ではオンデマンドかネットフリックスがあったからね。YouTubeすら最近は見ない。途中にCMが入るから。友達の家とかでテレビを見るとCMが間にはいって、ウザイなぁと思う。

・ スポーツ中継だけはCMからは逃れられないよ。

・ YouTubeのランクが低いのには驚いたけど、確かにケーブルTVの時代は終わったのかも。

・ YouTubeのランクが低すぎるような気がする。たぶん、いろんなビデオがYouTube経由だってことにすら気が付いていないんじゃないか?

・ 確かに、実際には30分しかないテレビ番組をCM含めて1時間も見るってことはもうできない。

・ 僕は逆にネットフリックスで全然魅力的なプログラムはないと思ってる。みんな、何見てんの?

・ 同感。俺は一つくらいしか見てないけど、13歳の妹は10代向けのドラマを延々と見てる。

・ ネットフリックスにはいい番組が揃っているけど、同じくらいどうしようもないくだらない番組も多い。

掲載元

https://www.reddit.com/r/television/comments/64t9ww/38_of_teens_watch_netflix_every_day_more_than/

(秒刊サンデー:南ロココ)