【JRヤバい?】中国、時速600kmの超高速列車開発が順調である事が判明!


linia01


2016年、最高時速600キロのリニア開発計画に着手したと報じられた中国。このニュースはその続報となりそうだ。China Daily(中国日报)は5月3日、中国の”高速列車”開発計画が順調に進んでいると報じた。開発中の”高速列車”は2種類。最高時速600キロのリニアと時速402キロの国際線だ。もし完成したとすれば日本最速でギネス認定されたJR東日本のリニアに匹敵する事になる。


すでに世界最大の高速鉄道網を有する中国が乗り出した”高速列車”開発計画。開発は中国最大の鉄道輸送機器メーカーであるCRRCが行い、現在国産技術となる『時速600kmのリニアモーターカー』『時速400kmのフリーゲージトレイン』の開発が進んでいるという。


linia02



ー 北京 – 上海間の移動時間がたった2時間

この”高速列車”が運行すれば、中国最大の都市である北京・上海間の移動時間はたった2時間に短縮されるという。北京から上海までは約1200km。驚くべき速さだ。

普段我々が体感できる新幹線の最高速度は、東北新幹線E5系「はやぶさ」でも最高時速320キロ。それを凌ぐ走行がどんなものなのかは、こちらの動画でご確認頂きたい。2015年に山梨県で実施されたJR東日本リニア試乗会の様子だ。時速400kmで通過する列車、時速500kmで走行する車内の様子など息を呑む光景が収録されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。