【怖すぎ】数百の「歯」を持ちトカゲの顔をしたイカのような体の魚がオーストラリアで発見される!

16
世の中には不気味な生物が山ほどいるわけで、もはやUMAなどというジャンルが陳腐化してきている、そう感じさせられる不思議な生き物が沢山発見されております。特にインターネットが主流になりつつ有る昨今はそのような情報がたやすく手に入り、ネット上は不気味生物のオンパレードになりつつあります。さえこちらもそのうちの一つです。



ートカゲのような魚

リザード2
さて今回話題となっているのはなんと、顔がトカゲで、体がイカのような不気味なお魚です。そんなものが居るのか!?なんて思うのかもしれませんが、いたのです。こちらオーストラリアに生息しているその名も「ディープ リザード フィッシュ」。ストレートすぎる名前ですが、驚くべきなのはその顔についている「歯」。なんと100本以上あるそうです。

一本ぐらい虫歯になっても大丈夫ですよね。いやいや、むしろこの手の生き物は使い捨てでしょう。何れにせよ噛みつかれたら、タダではすまないはずです。

リザード1
ご察しの通り深海2500メートルに生息しており、さらに興味深いのが魚なのに「雌雄同体」という、まるでカタツムリかマインクラフトの世界です。

うぇ
こんな不気味な顔をして、体も不気味。
不気味な生物といえば「マンボウ」なんかも巨大で不気味ですが、一体どんな味わいがするのか、まずは食べていただきたいものですね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4607586/Deepsea-lizard-fish-Australia.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)