【ニュル】マレーシアで撮影された謎の生物「1000万回」再生成される! | 秒刊SUNDAY

【ニュル】マレーシアで撮影された謎の生物「1000万回」再生成される!

hamer
世の中にはまだまだ不気味な生物が山ほどおります。不気味と言っても彼らにとってはなんら普通の生活をしているに過ぎず、むしろそう呼ばれるのは心外なのかもしれません。とはいえ、見た目が不気味である以上その状況にウソをつくことも出来ず、ただただ恐れおののくしか無いわけです。さてこちらの生物をご覧ください。


33
さて今回発見されたのはこちらの、謎の長細い生物。特徴としては頭がハンマーヘッドになっているところでしょうか。見た目的にはゴウガイビルやプラナリアのような生物ですが、これが一体何なのかと物議をかもし、結局1000万回も再生されるという、虫ごときに再生回数が多すぎるユーチューバーも驚きの再生回数を誇っております。

ちなみにこの生物の名前はそのまま「ハンマーヘッドワーム(Bipalium)」で、日本ではまさに「ゴウガイビル」と呼ばれるものの一種のようです。

日本ではごく普通に見かける生物ですが、これを発見したデンマークの一家はただただこの不気味な生物に驚くばかりだったわけです。

ちなみに、この虫は肉食性。呼吸器系も循環器系も骨格もなく口と肛門が繋がった生物です。もちろん期待通りの、傷口からの「ニュル再生」もできます。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4671792/Viral-video-shows-carnivorous-hammerhead-worm.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。