【怖すぎ】翻訳ミスで「不気味すぎる」ホテルの料理があると話題に!

04

言語は世界に様々なものがあり、全てを覚えることはほぼ無理です。日本人であれば日本語を基本的に喋り、英語も話すことができれば素晴らしいといったところでしょう。しかし翻訳スキルは様々なところで必要となり、今回紹介するこのホテルでも必要な能力でした。このホテルにて出された料理の中に、1つ不気味な料理名が存在すると話題になっています!


04

日本人が英語の文章を読む際は、翻訳アプリがあったとしても骨の折れる作業と言えます。

それはどこの国でも同じようで、海外のホテルでも同じことが言えるようです。

これはとあるホテルのミートボールについた名前ですが、英語で『paul is dead』となっていますね。

日本語に直すと、『ポールは亡くなった』ですが、ホテルは決してキッチンで起きた悲劇を伝えたかったわけではありません。

そう翻訳を間違えているのです!

しかしながら、ミートボールをどうやったらポールさんの不幸な出来事に繋がるのでしょうか?

このツイートにその秘密が書かれています!

『paul is dead』と一緒に書かれているアラビア語を英語で音訳すると、ポールデッドと聞こえなくないのだとか、、、

まあ言われてみれば、ミートボールのボールとポールは似てる気もしますが、、、

実際にこれをポールという名前の方が見つけた場合には、間違いなく不快に思うでしょう。

皆さんも、翻訳する際は細心の注意を!

掲載元
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/hotel-manages-translate-meatballs-incorrectly-11077154

(秒刊ライター:はるあき)