【ワールドカップ最終予選】日本に悪夢を見せてきたオーストラリアの警戒すべき選手とは?

kako-cbwCOuufCR97Xy12

2017年8月31日、この日は日本の運命を左右する正規の一戦が控えています!そう、『絶対に負けられない戦いがそこにある』のです。アジア最終予選の大一番となるこの試合の結果次第では、自国にてW杯出場の歓喜を味わうこともできますし、その後の戦いは厳しいものとなる場合も、、、そんな大一番の前に、対戦相手をおさらいしてみましょう!


私個人として、オーストラリア代表の脅威を思い知ったのは2006年W杯グループ予選でのこの試合でした。

大会自体はイタリアの優勝で幕を下ろしたW杯でしたが、日本にとっては力を出し切れず不完全燃焼といった大会だったと思います。

当時のジーコjapanは中田英寿を始め、中村俊輔から小野伸二まで素晴らしい選手揃いで日本の黄金時代とも言える時期でしたね。

現在と比べれば、海外組も少なくインテルやマンUといったビッククラブで日本人が活躍すると想像もできなかった時期ですが、間違いなく実力は高かったです!(ローマ自体ビッククラブだと思いますが、、、)

しかし蓋を開ければグループリーグで1戦も勝利できず、世界との壁を想像以上に感じた瞬間だったと思います。

kako-yProegq2n45qBKK0

特に初戦のオーストラリア戦では、1-0で後半を迎えるも、84分、89分とケーヒルに2点を決められとても残念だった気持ちを覚えています。

あれから約10年経った今回のオーストラリア戦ですが、悪夢を見せたケーヒルもメンバー入りしています。

しかしながらオーストラリアのサッカースタイルは大きく変わりつつあり、しかもその定着度は上々なんだとか、、、

ただし前日の公開練習に主砲のユリッチ選手の姿は見えず、怪我との話もあるので注目です!

日本のメンバーも長友や長谷部など多くの選手が怪我を抱えていますが、この試合にかける意気込みは十分な様子。

この試合で勝てば日本でのW杯進出が決定する大一番なだけに、多くの人の注目が集まる所ですが、ユリッチ選手の出場、またケーヒル選手に注意しながら日本の勝利を祈りたいですね!

(秒刊ライター:はるあき)