【真面目か!】桐生選手9.98秒おめでとう!黒いスパイダーマンがインタビュー受ける。

athletic-field-1867053_1920
日本陸上界のエース、桐生祥秀選手がついに10秒の壁を突破し、100m9.98秒という驚異的な記録で観客がどよめきました。日本人初の9秒台と言うこともあり、3年後に行われる2020年の東京オリンピックにも期待が高まります。陸上ファンのみならず、日本国民が歓喜の渦となりましたが、こんな方も喜びをにじませているようです。


10.01秒の記録を出してから4年と言う長い月日を経てついに日本人初、夢の9秒台へ突入しました。
ご本人の桐生祥秀選手もTwitterでコメントをしています。

「世界のスタートラインです。」とコメントしていることからも、現状に満足することなくまだまだ上を目指している気持ちをにじませており、更なる期待が持てそうです。
日本中が歓喜となりましたが、そんな中こんな人も祝福のコメントを寄せています。

塗り替えられたのは挫折せず努力してきた証しかなと思います。
逆に伊藤浩司選手が19年前に10秒フラットを出してると思うが、その記録がいかに偉大かわかりました。

なんと、シンビオートに浸食されたスパイダーマンが真剣に日本陸上について語っています。
黒いスパイダーマンが真面目にインタビューに答えている姿もある意味快挙です。

(秒刊サンデー:マギー)