悲報!ユリノミクスを英語にすると「とんでもない」物になると話題に

uri
小池代表が「希望の党」で打ち出した公約に関して、アベノミクスに対抗した名前として「ユリノミクス」という言葉を使っているようですが、これが英訳するととんでもないことになるというのです。通常この手の名前は何かの改革のためのシンボルともなるべき名前ですが、この英訳では先行きが不安との声が噴出しております。


さて小池代表が打ち立てております「ユリノミクス」ですが、英訳するとちょっとまずいことになりそうです。urine=ユリーンは「尿」ということです。または尿瓶などの名前にもなりそうですが、いずれにせよ尿分泌物を表す英語になりそうです。

日本人からすれば「アベノミクス」をちょっと拝借した名前っぽいなと感じるだけなのかもしれませんが、海外の人からしてみれば「urinomics」は「尿政策」と聞こえてしまうようです。

特に英語圏に関してはこれをどう訳すか。当然、聞き慣れた言葉に傾いてしまう恐れがあり、印象はあまり良くないのかもしれません。


この事実に立憲民主党のマスコット「立憲民主くん」もただただ驚くばかりです。
はたして「ユリノミクス」は成功するのでしょうか、それとも英語訳のように良からぬ方向に流れていってしまうのでしょうか。

ネットでは「TOTOの株価があがるな」と冗談をいう有権者も居るようです。

そんな中「細野豪志」がとんでもない炎上をしておりました。

(秒刊サンデー:たまちゃん