立体ケーキ屋「得体の知れないとんでもない物」を爆誕させるも逃亡!

06
立体ケーキというものが一時期ネットでも話題となり、あまりにもクオリティが高いと話題となっておりました。それほど見た目としてもそして、気持ちとしても高ぶる商品であり、今で言う「インスタ映え」なものになるに違いありません。さて、今回紹介するものは、立体ケーキを頼んだという女性の悲痛な叫びです。



ー理想
com-shared-img-thumb-BO151030205745

シャロン・ビジン(44)さんは、夫(32)のためにボディービルケーキを注文したということです。夫がボディービルが大好きで、筋肉を日々鍛えているので、それに伴ったサプライズプレゼントということのようです。ただのケーキではつまらないということで、参考写真のような立体的なケーキをFacebookから注文!したはずですが、届いた商品は

別の意味でサプライズ。
もはやケーキという概念を超えて、得体の知れない生き物となっていたのです
はたしてどのようなものが届いたのでしょうか。

届いたものがこちら。

41

芋虫かな。

なんとなく腕をギュッと力こぶを作っている様子はわかります。
わかりますが、これはいったいどうしたことか・・・という状況です。

そこで彼女は製造元に連絡を取ろうと、Facebookからコンタクトを取った所、ブロックされてしまったということです。もはや連絡を取ることが出来ない様子。

値段は8000円弱。面白いネタになったわとのことです。

頭のない金魚が3日間生存したという話も衝撃的でしたが

海外では不思議で不気味なニュースが度々話題となりますね。

画像掲載元:Facebook / NicolaKeegan / ぱくたそ

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/femail/food/article-5007815/Wife-orders-hilarious-bicep-cake-fail-husband.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)